ランジェビオのこだわり

「オーガニック認証」オーガニック先進国フランスの厳しい基準をパスした商品をお届けします!

 ランジェビオで取り扱っている「オーガニック認証済み」商品                

 


AB有機農業認定マーク


食品グレードの世界でも最も厳しい有機認定機関の一つである、欧州、フランス政府認定のAB有機農業認定機関(アグリキュルチュール・ビオロジック)により認証されています。
食品は自然のバランス、農業、環境、動物保護、福祉を実現する有機生産方法によって少なくとも95%で構成されていることを保証します。


ABのグリーンの葉ロゴは、欧州連合の有機農業の規制への準拠を保証します。







オーガニックコスメとは?


オーガニックの定義
 

<オーガニックコスメの認証を得るための条件について>
 

・製品の95%が自然原料であること
・そのうちの植物原料の95%以上がオーガニック認証原料の基準を満たすこと
・主原料が有機認証を受けたものであること
・水を含めた成分の10%以上が認証原料であること

・地球環境を守るため、環境汚染の可能性のある成分を使わないこと

・原料に、身体の健康にとっての有害物質である化学肥料や合成物を一切使用せず、
 (発がん性物質、刺激物、アレルギー源)や原料が明確でないものを使用したり、
 遺伝子操作物質、放射線照射物質、禁止された化学物質が入っていないこと
・人口着色料を使わないこと
・不正の合成防腐剤(パラベン、フェノキシエタノール、EDTA、DMDMなど)
・動物由来の原料を使わないこと
・製造が無公害(環境に悪影響を与えない)であること
・容器のリサイクル性が高いこと
・動物による試験は一切行わないこと。試験は人のボランティアによる


など、さらに基準が細かく義務付けられています。

image

 

なぜオーガニックコスメを選ぶのか?


化粧品メーカーが消費者に知られたくない事実


「オーガニック化粧品」「自然化粧品」は同じだと思っていませんか?

皆さんは、化粧品を選ぶときには、ボトルやパッケージ上のラベル表記を必ず確認されると思います。その中の代表的な言葉に、“植物由来”、“100%ナチュラル”、“自然派”、“天然成分”、“植物○○配合”、という表示をよく見かけませんか?
まず、化粧品と一概に言っても、実は、従来の化粧品」、「自然化粧品」、そして「オーガニック化粧品」の3つに分類されるのです。

.そして、まず一つ目の通常市販されている「従来の化粧品」の成分は、“石油化学物質”から作られた製品がほとんどで、化学合成防腐剤、PEG(乳化剤はグリコール系可溶化)、シリコーンまたはパラフィン(石油化学工業)、パラベン(化学防腐剤)など化学物質を含んだ合成成分から成っています。これらの化学成分は、皮膚組織から入る結果として、有害なアレルギーを引き起こす原因となり、癌腫瘍、ホルモン障害、胎児の奇形、生殖障害などにもつながります。(→アレルギーのお話と統計リンク)

また、成分表示部分、または化粧品そのもののネーミングに、植物の“○○成分配合”などと記載しているものもよく流通していますが、実際には天然成分ではなく人工的に加えられたりするものが多くあるので、成分表示記載部分をよく見極める力が必要となります。2001年4月に行われた日本の薬事法改正により、「肌に障害を起こす恐れがある成分」とされているもののみを定めていた従来の制度から、欧米のように、化粧品に配合された全ての成分を表示しなければならない「全成分表示」制度に変わりました。これにより、消費者にとっては全ての成分を確認することができるようになりましたが、化粧品に含まれる成分を見極める個人個人の知識が必要となってきました。

.2つめの化粧品の種類として「自然化粧品」と呼ばれるものがあります。これらは、天然成分を数滴または数%だけ含んでいるだけで、残りの原料は上記で紹介した従来の化粧品のように、お肌に有害な化学的物質を混ぜ合わせて構成されています。パッケージには、“○○配合”または“自然派”、“天然化粧品”などと記載してあります。

.最後に3つめの「オーガニック化粧品」とは、まず一言でいうと、無農薬、化学肥料等の有害物質を使わないで作られた植物を主成分として製品化され、美容製品と健康に関する政府の衛生団体機関の基準審査をクリアし、認定承認マークを取得したものです。このオーガニック認定制度は、オーガニック化粧品の安全かつ衛生と環境に対する保障において消費者を守るために作られました。
以下は国際的に代表的な認証機関団体です。

  •  
  • ECOCERT(エコサート認証)
  • COSMEBIO(コスメビオ認証)
  • COSMECO(コスメコ認証)
  • BDIH認証   
  • NaTrue認証
                                                                                                                              
フランスの認証制度は世界最高水準で、オーガニック成分の割合および天然由来物質の割合を提示しなければならず、農家や工場、生産される状態から製品すべての原料を厳しい基準を満たされた場合のみBIOマークの添付が認可され、“オーガニック化粧品”フランス語では “Cosmetique BIO”=コスメティック・ビオと呼ばれます。

BIOコスメを使用するということは、
☆身体の健康にとっての有害物質(発がん性物質、刺激物、アレルギー源)である化学肥料や合成物を一切使用しない。
☆原料が明確でないものを避ける。
☆天然ミネラル成分、脂肪酸、ビタミンなど厳選された“天然原料”のみを使う。

という保障なのです。まさに、本物の“天然成分”でできた化粧品です!

また興味深いことに、環境問題にも取り組んだ製造方法を行っており、農薬や除草剤、遺伝子組み換え作物を使用せず、植物が本来持っている力を最大限に活かす製造方法(冷却圧縮、熟成、水蒸気加工)を実施したり、容器やパッケージには、微生物分解できない梱包資材を使用せず、決して動物実験も行わないなど、人間だけでなく、環境にもやさしく、自然と動物社会に敬意を払った人類の責任ともいえる行いなのです。